SEの仕事内容

プロジェクト開始から終了まで・・・
(システムエンジニアの仕事の流れ)
調査・分析
様々な情報から、製造、流通、販売など業界毎のマーケットの動向を調査し、そこで必要とされるシステムを分析する。また、ネットワーク、データベース、各ハードウェアの最新状況を探り、インテグレーション出来る技術を身に付ける。
ページトップへ
アプローチ
プレゼンテーション・提案
お客様とのヒアリングにより業務の現状や問題点、改善要望などの情報を収集し、プレゼン資料を作成するシステム営業職にアドバイスを行う。プレゼンでは、システム営業職の技術的サポートを行う。さらに導入を希望するお客様には、個別のヒアリングを進め、要望を満たすことの出来るポイントをシステム営業職に示す。
ページトップへ
折衝・契約
システム設計
締結された契約に基づき、まず具体的な機能を決めるためのヒアリングを徹底的に行い、機能を確定する。さらに機能を実現するためのシステム全体の設計、パソコンなどの操作時に表示される画面設計などを進める。設計では、すべての見取り図となるシステムの全体設計が最も重要になる。
ページトップへ
プログラム開発
システム設計で作成した設計書に基づきプログラムを作成する。プログラム作成においては、個々のプログラムがシステム全体の中でどのような役割をしているのかを正確に認識することが重要である。そうすることで、他のプログラムと結合させたときに、不整合などが生じなくなる。
ページトップへ
テスト
個々のプログラムによる単体テストの後、各プログラムを連動させて結合テストを行う。そして、お客様が業務で利用される実データを使うシステムテストを行う。システムテストについては、さまざまなケースを想定してテストを行うため、お客様の業務に精通していなければならない。
ページトップへ
評価分析・導入
システム設計書に基づきテスト結果を評価する。評価項目は機能、パフォーマンス、安定性、セキュリティなど多方面に渡る。OKであればお客様へシステムを導入する。
ページトップへ
サポート
システム営業職のヒアリングにより、導入システムの不具合や機能追加の要望に対応する。また、スムーズにシステムを使いこなすためのアドバイスを行う。
ページトップへ
喜び 過去に取引をさせていただいたお客様から「新システムは○○さんでお願いします」と指名されたとき。
苦労 お客様の業務を正確に把握し、お客様が事業展開するマーケットに合わせたシステムを心掛けること。