Xsite お問い合わせ

キーワード: 装置保守管理予防保全 PM Preventive Maintenance


設備保全の自動化を支援するソフトウェアです。装置ステートトラッキング、メンテナンス作業及び計画管理、装置故障分析をはじめ、メンテナンスパーツ管理、さらに生産管理システムとの連携を視野にいれた設備保全の自動化を支援します。

設備保全の現状

製造装置の高性能化、複雑化が進む現在、装置トラブルの原因も複雑化し、対応作業に必要な情報は質量ともに増加しています。現在の保守現場にある熟練作業者の長年の経験に基づく勘、一部電子化され散在する装置情報、手書きで記録されたログ用紙などから得る情報には限界があります。工場のすべての装置を対象とする設備保全のためには、メンテナンス作業情報の自動化、一元管理化が必須となっています。

導入の効果

  • 計画外の設備トラブル発生回数の削減(作業計画の向上)

  • 装置ステートトラッキング管理による装置稼働解析

  • 作業人件費・部品費の把握によるコストパフォーマンスの向上

  • 作業情報の把握(ログ管理・作業の最適化)

  • 作業計画の支援

設備保全自動化の支援機能

装置情報を階層構造として管理し、Xsiteのベースとしています。また、ユーザ定義のステートモデルによる装置ステートトラッキングが可能で、マルチチャンバー/インライン装置にも対応可能です。

Xsiteのコア機能であるメンテナンス作業管理では、メンテナンス作業の計画を立て、実行し、作業履歴を残します。作業を依頼するメカニズム機能、作業テンプレート機能、装置/レイアウト画像表示機能、作業実行に必要な資源情報付加機能、作業のスケジューリング機能、作業履歴情報からの装置パフォーマンス解析機能(MTBF、MTTR)などのメンテナンス作業情報管理が可能です。

さらに、メンテナンスパーツ情報の管理が可能です。メンテナンスパーツ管理を実施すると、作業からパーツ在庫へのアクセスが可能です。生産管理システムからメンテナンス作業スケジューリングに必要な情報を受け取り、利用することが可能です。

画像をクリックすると拡大画像を見ることができます

開発元:APPLIED MATERIALS.

http://www.amat.com/


>> CIMシステム取り扱い製品一覧へ

<< 前の画面に戻る

このページの先頭へ

お問合せ先:

Eメール   :

TEL     :

CIM製品サポート

cim.info@tsl.co.jp

03-3342-2655