会社情報
会社概要
認証資格等・方針
事業内容
会社沿革
会社地図

会社沿革

 
1971 ●2月、(株)東京システム技研設立。東京エレクトロン(株)ソフトウェア部門が(株)東京放送の協力を得て分離独立し、資本金500万円、横浜で発足。
大手コンピュータメーカーからのシステムソフトを中心とした受注開発活動を展開。
Boole&Babbage社の「コンピュータ運用効率測定プログラム」輸入販売契約を締結。
1973 ●5月、ソフトウェア産業振興協会(現(社)情報サービス産業協会)に加入。
1975 ●2月、資本金1、500万円に増資。
1977 ●1月、EDA(Electrical Design Automation)分野に参入。
論理シミュレータ、回路シミュレータなどの輸入販売を開始。
1978
〜1981
● EDA分野の製品群の充実。
ICマスク検証ツール、μ波回路設計ツールなどの製品群の充実を図る。
1981 ●1月、資本金3、000万円に増資。
1982 ●12月、(株)東京エレクトロンが所有していた全株式を取得し、完全独立。
1982
〜1987
●EDA分野の事業展開推進。
ゲートアレイ自動配置配線システム、論理図入力システム、LSI/PCB図形入力システムなどの自社開発製品の販売に成功。また、海外輸出も開始。
1984 ●2月、金沢営業所開設。システムソフトの受注開発拠点とする。
1987 ●10月、三井物産(株)と折半出資にて(株)物産システムテクノロジーを設立。
1992 ●3月、資本金を1億6、250万円に増資。
1993 ●2月、EUCを強力にバックアップするミドルウェア「DBEAM」(Windows V3.0版)発表。
1994 ●5月、(株)物産システムテクノロジーより営業権譲渡を受け、EDA専門会社 (株)ベスト・テクノロジー設立。
●8月、米国FASTech社との代理店契約を締結。
1995 ●8月、「DBEAM」1万本突破。
●10月、米国FASTech社「FACTORYworks」発表。
1996 ●1月、C/S対応販売管理システム「SBEAM」発売。 
●5月、米国KNIGHTS社との代理店契約を締結。
●9月、「DBEAM」2万本突破。
1997 ●1月、当社インターネットサーバ立ち上げ。ホームページ公開。
●8月、米国MIDAS社との代理店契約を締結。
1998 ●3月、「DBEAM」3万本突破。
●6月、富山営業所開設ミニTSLとして北陸から発動。
2000 ●3月、通産省SI企業認定。
2001 ●12月、EDA営業部新設
2003 ●8月、金沢営業所を分離し100%出資子会社(株)ティー・エス・エル北陸を設立
2004 ●1月、「DBEAM」5万本突破
2006 ●2月、プライバシーマーク認定
2008 ●11月、エコアクション21認証・登録
2012 ●1月、ISO/IEC27001認証取得
2013 ●1月、ISO9001認証取得